キャッシングと引き落としの違いとは?注意点についても言及

クレジットカードのキャッシング機能と、銀行口座からの引き落としはまったく異なるサービスです。キャッシングに関しては、あまりよく知らないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、キャッシングの基礎知識から利用方法、注意点をまとめました。

キャッシングを使う予定のない方も、今後の参考になれば幸いです。

キャッシングとは

クレジットカードで現金が借りられる機能のことを「キャッシング」と呼びます。簡単に言うと、カード会社から借金をすることです。一般的なクレジットカードには、買い物などに使える「ショッピング利用枠」と、ATMなどから現金を借りられる「キャッシング利用枠」が設定されています。

例えば、キャッシング利用枠が30万円の場合は、10万円でも5万円でも、30万円までなら好きな金額をキャッシングできます。

しかし、30万円を超える、例えば50万円はキャッシング不可です。

ショッピングさえできればよいという人は、キャッシング利用枠を0円に設定し、キャッシングが使えないように設定しているケースも多いようです。急に現金が必要になったときに、キャッシングは重宝します。ただし、キャッシングの利用には、金利手数料が発生する点には注意しましょう。

ショッピングの1回払いなら、手数料が無料というのが一般的ですが、キャッシングには必ず金利がかかります。クレジットカードのリボ払いや分割払いと同程度の金利負担です。例えば、年率18%(1ヶ月あたり1.5%)の条件で10万円をキャッシングしたとすると、1ヶ月で1,500円の金利手数料が発生します。

金利を払いたくないという人は、極力キャッシングは利用しないことです。

引き落としとは

銀行口座からの「引き落とし」は、一般的な支払い方法として広く用いられているので、説明するまでもないかもしれません。電気・水道・ガスなどの公共料金や、クレジットカード代金の支払いなどを、定期的に預金口座から自動で引き落とす決済サービスです。

「口座振替」とも呼ばれています。キャッシングと大きく異なる点は、お金を借りるサービスではないということです。現金で支払いをする代わりに、預金口座から直接払っているだけで、自分自身のお金であることには変わりありません。

指定日に自動で決済が行われるので、支払い忘れの防止にもなります。

キャッシングの利用の仕方

キャッシングは、銀行やコンビニのATM、提携会社のキャッシュディスペンサーなどで行います。操作方法は、銀行のキャッシュカードでお金を引き出すのとほぼ同じです。ATMの画面メニューから「お引き出し」を選び、クレジットカードを差込口に入れます。

そして画面の指示に従って操作していき、借り入れ金額を入力したら現金が受け取れるんです。とっても簡単ですよね。実際は借金をしているということを、くれぐれも忘れないようにしましょう。キャッシュディスペンサーを利用する場合も、操作方法はATMとほとんど同じです。

ATMでもキャッシュディスペンサーでも、たいていは利用するときに手数料がかかります。この手数料は、金利手数料とは別物で、ATM・キャッシュディスペンサーを使用するために支払う料金です。金利手数料と混同しないように気をつけてください。

キャッシングの注意点

キャッシングは便利な機能ですが、だからといって安易に利用してしまうと、後々の返済に苦労することになります。返済方法は、翌月1回払いやリボ払いから選べますが、早めに返済したほうが金利手数料の負担は抑えられます。

借入時にリボ払いを選択したとしても、一度にまとまった金額を返済することも可能です。キャッシングを利用するときは、余裕を持って返せる金額を想定したうえで、返済計画を事前に立てるようにしましょう。キャッシングを利用すると、その分のショッピング枠が減るということをご存知でしょうか?ショッピング利用額とキャッシング利用枠は別々に設定されていますが、実のところ、キャッシング枠はショッピング枠に含まれているのです。

ショッピング枠30万円、キャッシング枠10万円のクレジットカードの場合、キャッシングを5万円利用した後のショッピング枠は、25万円になります。反対に、ショッピング枠を使って28万円の買い物をしたとすると、キャッシング枠は2万円に減ってしまうのです。

不要ならキャッシング枠を0円に

借金が苦手な人、浪費グセのある人は、トラブルが起こる前にキャッシング枠をなくしてしまいましょう。キャッシング枠の上限を0円に設定することで、お金を借りられない状態にできます。設定方法はとても簡単です。クレジットカード会社によって手続き方法は異なりますが、電話をかけるか、専用のサイトから変更を行ってください。

そもそも自分のキャッシング枠がわからないという場合は、利用明細書に記載されているので確認してみましょう。キャッシング枠を0円にすることは、悪用防止という点でもメリットがあります。クレジットカードを落としてしまったり、盗まれてしまったりしたときに、第三者からキャッシングを不正利用される可能性を減らせるのです。

キャッシング枠が0円なら、カードが手元にあったとしてもキャッシングはできませんよね。ただし、一度0円に設定した利用枠を増やすには、審査が必要になります。つまり、キャッシング利用枠を減額するのは、審査不要で簡単ですが、枠を増やすのはクレジットカード会社による再審査が行われるのです。

キャッシングは海外でも使える

キャッシングは、実は海外でも利用できるんです。現地に提携ATMさえあれば、海外旅行や出張時に簡単に現地通貨を手に入れることができます。場合によっては、両替所で換金するよりも、お得に現地通貨が手に入る可能性もあります。

というのも、空港や現地の両替所では「両替手数料」が発生しますが、その手数料がキャッシングの金利手数料よりも高いケースが多いのです。特に海外では、キャッシングはお得なサービスにもなりますので、海外に頻繁に行く人はうまく取り入れてみるとよいでしょう。

注意点としては、カード会社によって返済方法が限定されることです。通常なら、一括返済かリボ払いを選択できるようになっていますが、海外でのキャッシングはどちらか一方に強制される場合があります。リボ払いだと思っていたのに一括で請求された、ということにならないように、事前にしっかりと確認しておきましょう。

キャッシングの際には注意が必要!決して軽視できないatm手数料